2014年10月8日水曜日

次世代ブルックリンがまさかのお台場に集合してたのでりんかい線でいってみた!

10ヶ月もニューヨークの街に足を踏み入れてないと、そろそろ禁断症状が・・・
手も足も震えつつあるtanimmyでしたが「お台場にニューヨーク満載の場所があるらしい」という神の声をきいて、ふらふらしながらヴィーナスフォートまで出掛けてみました。

正直行く前は「ニューヨーク満載っていっても、きっと自由の女神グッズが売られて、ニューヨークmapがいくつかあってエッサベーグルとかマストブラザーチョコレートとかちょっとおまけ程度にあるんでしょ!」と、ちょっとなめていました。

…ってぜんぜんちがった。



いきなり現れたのは可愛い小瓶たち。これ、なんとマヨネーズ。その名も「エンパイア・マヨネーズ」

アメリカってどこのお店もヘルマンズのマヨネーズばかりのようで、もっとフレッシュなマヨネーズを食べたい、という想いのもとに、ディップマヨネーズを作り始めたんだとか。
食べてみると、マヨネーズっていうよりも、濃厚なソース?食べるソースのような感覚。料理の幅がかなり広がりそうで、野菜とかポテトフライとかにつけると立派な料理になりそう。
なんといっても、マヨネーズらしからぬオシャレなデザイン。サムとコンビを組むエリザベスが特別にデザイン。


左がサムで右がエリザベス。
2人ともブルックリン出身。なんともクリエイティブなお2人です。


続いて目を引いたのが、このプレート。
「ブルックリン ストレート カンパニー」
これ、ご覧の通り石で出来てるんです。チーズとか前菜をちょこっと盛り付けるのにかなりオシャレ。


石だからこそ、チョークで書くことができるんです(もちろん消せます)
試しにPIZZAって書きましたが、まあそれは書かなくても分かるんですけど、特にチーズは一見、なんの種類なのか分かりにくかったりするので、Partyのときとかとっても便利。
無垢な感じ、お家でトースト食べるときも、お皿をこのプレートにするだけで素敵な一日が始りそうです。


続いてアクセサリー。
「Metal Taboo」
ブルックリンに住む女の子、ティファニーが自分の感性のもと、すべて手作りでつくってるんだとか。(写真右上)
掘られてる文字はなかなか過激です…


おお・・・tanimmyが文字にしたら、ブログ削除されちゃいそうなので写真でご理解ください。


もうパッケージだけでKOされそうな「SALT WATER TAFFY」
タフィー。ニックネームっぽい。
柔軟剤とかキャンドルを思わせるパッケージ、実はこれキャラメルです。


マンゴー味を試食。
アメリカのお菓子ってほぼ砂糖のかたまりだからみんな期待してないと思いますけど、って私がたぶん一番期待してないどころか食べる事もほぼしないんですけど、勧められるままに食べてみました。

(゜ロ゜)
めちゃめちゃ美味しい。

キャラメルのくせにあまり甘くなくて、マンゴーの味はしっかりして、でも真ん中に塩が入ってるから絶妙な甘さを感じることができるんです。


「CRACKED CANDY クラックドキャンディー」
クラックド、砕いたように形が無造作で、通常の飴より薄いキャンディーです。


ブルックリンに住むお母さんが立ち上げたブランド。小さいお子さんが飴を飲み込んじゃった経験から、飲み込みにくく、かつ飲み込んでもよいように薄くしたんだとか。


さてさてさて、お気付きの方はお気付きかと思いますが、ここで紹介してるもの、すべてブルックリン発祥なのです。
大企業発ではなく、「こういうの欲しいかも!」という個人の気付きが形になったものが多く、そういったものが実際ブルックリンの街では支持されてきています。
しかも今回お台場に集まったアイテムは、ブルックリンにもう30回以上降り立っているtanimmyも初めてみたものばかりです。ほんと、今ニューヨークにいるんじゃないかってくらいワクワクしました。


そんな大注目のブルックリンに特化したお店は今週末の三連休まで期間限定でお台場で展開しています。ぜひニューヨークホリックのみなさんお出かけください〜

「BROOKLYNIZE STORE ブルックリナイズ ストア」
タイトル:Venus Fort 15th ANNIVERSARY
期間:2014年9月27日(土)〜10月13日(祝)
場所:2階 ブロードアベニュー
詳細はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿