2014年4月11日金曜日

ドミニク閉鎖!それでもNYでクロナッツが食べたいっ!

Breaking News!
なんと朝4時から長ーい行列ができることで有名なクロナッツ(クロワッサンとドーナツが融合したお菓子)発祥のお店「Dominique Anselドミニク・アンセル」がクローズしてしまったようです。


なんでもドミニクを訪れたお客さんが店内の床を走り回るネズミを撮影してyoutubeにアップした動画が原因で、営業停止処分を受けたとか・・・


事情はよくわかりませんが、ニューヨークのお店って必ずネズミがいそうなイメージ・・・別にドミニクだけじゃなかろうに。OMG・・・

「クロナッツ食べたかったのに・・・」
「この行列に朝から並ぶことがNY旅行の一大コンテンツだったのに・・・」
そんなあなたに朗報!
本家クロナッツは当分食べられなさそうですが、
ニューヨークではいろんなお店がクロナッツをパクリはじめていて、本家ドミニクにこだわらなければクロナッツはどこでも食べられます。

ということで、特に誰にも頼まれていませんが、tanimmyおすすめのお店をご紹介させていただきます。


「OMG!CRUMBNUTS ARE HERE!」
CRUMBSというお店の前を通り過ぎようとして思わず目に飛び込んできました。
OMGポスター!

クロナッツならぬ、CRUMBNUTS(クラムナッツ?なんて読むんじゃ?)
クロナッツはドミニクの登録商標なので他のお店は使えず。
このCRUMBNUTS、クロナッツのパクリだと一目瞭然ですねw
OMG!


この「CRUMBS」、アメリカ各地にあるカップケーキ屋さんで、ニューヨークだけでもタイムズスクエア、ユニオンスクエア、グラセン、ブライアントパークなど20店舗以上もあるようです。

私がいったのはアッパーウェストのお店。


比較的きれいな店内。
カップケーキが綺麗に陳列されています。
にしても下段にあるどでかいカップケーキ、アメリカのカップケーキ屋さんには大抵ありますよね。誰がどういうシチュエーションで買うんでしょうかね・・・
ニーズがあるのが不思議です。

ケースにクロナッツ見つけられません・・・「クロナッツプリーズ」と聞いたら


じゃん!
クロナッツというかパクリナッツめちゃめちゃ見つけやすい一番上にありました。
売れ筋なんでしょうかね。
プレーンタイプとシナモンタイプ。


シナモン大好きなもんで迷わずシナモン!
甘いの苦手なんですけど、想像以上に軽くてぺろっといけちゃいました。
生地が油であげてあって、そこに砂糖シナモンがまぶしてあります。
揚げパンのような感触です。So GoooD!

ということでパクリナッツでもtanimmy的にはとっても満足しました。
ごちそうさまでした!
いつでもどこでもこんだけ美味しいパクリナッツが食べられれば十分じゃけん!(なぜ広島弁?)
本家がどこまで美味しいか謎ですけど、朝4時に並ぶほどの価値ってあるんでしょうか?
どなたか食べたことある方教えてくださいませ。

ちなみに「CRUMBS」のコーヒーはスターバックスのものなので、カップケーキ屋あるあるの薄いコーヒーじゃないので安心してください。さらにはアッパーウェスト店に関してはフリーWIFI通ってました!フリーWIFIの総本山スターバックスが近くになかった場合は「CRUMBS」探してみてください。


ってブログを終わろうとしたらこんな情報をキャッチ!なんと我らが日本のドーナツ屋「ミスタードーナツ」さんが、「ミスタークロワッサンドーナツ」を新発売!「ミスタードーナツオリジナル」と書いてありますけど、ニューヨークホリックにはパクリナッツであることは一目瞭然じゃけん!(ってまた広島弁!)

日本のみなさま、こちらもいつか食べてみましょう!ステマじゃないよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿