2014年4月22日火曜日

ブルックリンの古着の王様!日本人スタッフ の「テンフィートシングル」



これまで「AWOKE VINTAGE(過去記事:Millyっぽいセンスのよい古着はブルックリンの「AWOKE VINTAGE」へGO!)」や「LAVAI MARIA(過去記事:ブルックリンで古着!オシャレな秘蔵っ子「LAVAI MARIA」)」などブルックリンのおすすめ古着屋さんを紹介してきましたが、ウィリアムズバーグの古着の王様を紹介するのをすっかり忘れていました・・・・

「10ft SINGLE by Stella Dallas テンフィートシングル」

大学生の頃に初めてニューヨークにきたときにここらへん一帯がウィリアムズバーグだとも知らずに歩いていて(ここらへん記憶喪失)、たまたま入ったお店。「ニューヨークって古着たくさんあるんだな〜」って印象がついたのもこの「テンフィートシングル」。
もうこのお店10回くらいは通ってる気がします。

ウィリアムズバーグの端にある古着屋さん。このエリアの古着屋さんではかなり広い方です。


なんといってもこのテンフィートシングル、服の数が圧倒的。メンズもレディースもTシャツもカットソーもワンピースもコートもジャケットもポロシャツも靴もサンダルもベルトもブーツもかばんもなんでもござれ!状態。

しかもここ、量が多い割には保存状態がすごくよくて、センスがよいんです。ビーコンズクローゼットと同じくらいの服を揃えてるのに、イケメンくんの割合が高い!

お値段もかなり良心的で、Tシャツだったら10ドルからあるし、ワンピースも30ドルあたりから。


写真ではぜんぜん見えないんですが、このお店奥にも部屋があってそこでは40年代、50年代ものを中心としたヴィンテージアイテムが揃っています。お値段もお高めでコートとかだと20万、30万(2000ドル、3000ドル)。その分、今の時代にはなかなか見たことないデザインの服とか素材が多くて、洋服好きは見てるだけで幸せな気持ちになれるかも。

tanimmy的なこのお店のおすすめはワンピース!ひとひねりしてるのに、今の時代にもおしゃに着こなせそうなものが多くて、いつもワンピース売り場は必ずチェックします。



例えばこのボルドーとネイビーのワンピース。写真じゃ見えにくいですが、ボルドーがシースルー素材で、風でふわっとめくれると、下にネイビー素材が見え隠れします。一見大人しいワンピなのにちょっとした遊びのあるギャップにやられて即BUY決定でした。



続いてこちらベアトップのワンピース。ベアトップは柄とか色味によってはすごくやらしくなるからこそ、この派手な花柄とうるさいくらいの色合いが健康的で可愛いーと一目惚れ。
でもさすがにこれ1枚で街には出にくいので、今んとこまだオーストラリアの海辺での友人の結婚式にしか登場したことがありません・・・




tanimmyのニューヨークの古着屋バージンを捧げたこの「テンフィートシングル」、実は日本人の方がやってるんです!スタッフ同士は大阪弁で話していて、接客になるとお客さんが日本人ぽくても英語。まぁそりゃそうか・・・

初めてニューヨークにきて外人ばっかりだなって(当たり前だけど)思っていたtanimmyは、まだ寂しい街だったブルックリンで大きな古着屋をやっているのが日本人であることに結構衝撃を受けました。
髪の毛はレゲエ風、だぶだぶのお洋服を着ている完全にアメリカナイズされた日本人スタッフを遠目に見ながら、改めてニューヨークは人種のるつぼであり日本人の自分だってそのるつぼに飛び込む可能性もあるんだなーとニューヨークを近く感じた記憶が鮮明によみがえります。

あれから早10年。相変わらず東京にいるtanimmyでした。



「ブルックリン 古着」の他記事

ブルックリンで古着!オシャレな秘蔵っ子「LAVAI MARIA(ラバイマリア)」

Millyっぽいセンスのよい古着はブルックリンの「AWOKE VINTAGE」へGO!

ブルックリン最大のフリーマーケット!「ブルックリン・フリー」

□□□□□□□□□□□□□□□
ついに、Facebookページを始めました。
妄想ニューヨーク。公式Facebookページはこちら
ブログの更新情報だけでなく、Facebookならではのリアルアイムな情報やお得なキャンペーン情報を共有していければと思っています。
ぜひいいね!してニューヨークをもっと好きになってください!
□□□□□□□□□□□□□□□

0 件のコメント:

コメントを投稿