2013年7月28日日曜日

時差ボケ知らずの羽田AM6:55アメリカンエアラインがNYフライトの定番になりそうな件

HELLOニューヨーク!
最近まわりでニューヨーク旅行を計画してる人が多くてものすっごく嬉しいtanimmyです。7月8月9月は夏全開の最もニューヨークらしい季節。
人生でベスト3に入るくらい楽しい旅になると思います!はい!

さてさて、いつもはニューヨークの気になるスポットばかりをとりあげていましたが、「じゃあ実際ニューヨーク行ってみたいんですけど!」という方のために、私なりのとっておき情報を提供させていただきます。

みなさん、ニューヨーク行くときに飛行機は何を基準に選びますか?
お金?航空会社?羽田発?
うん、どれも大事!!でもtanimmyがニューヨーク旅行を楽しく過ごす上で一番大事にしてるのが、フライト時間。

AM6:55羽田発のアメリカンエアライン。これが今回紹介したい大本命フライトです。


このフライトのなにがいいかって説明してもいいですか?
このフライトに乗るとなんと一切「時差ぼけ」がなくなるんです!
大事なことなんでもう一回言いますよ!
「時差ぼけ」がなくなるんです!


え(*´-ω・)ン?
なんで(´・ω・`)?

そうですよねそう思いますよね。
ちょっと長くなるけど説明させてくださいね。

AM6:55発だと、大体2時間前の5時には空港にいないといけません。
羽田なんで都内からだとタクシーで大体30分。
家を4:30にはでる感じです。
そうなると、もう寝れないんですよ。4:30までがんばって起きていてタクシーでうとうとしながら、羽田に着いて空港の開放感にワクワクしながらちょっと興奮しつつ手続きして荷物預けて、空港フラフラしながらドルに替えたりガイドブックで予習なんか始めちゃったりして。

そんな風に過ごしてきた人間がフライトの6:55にどうなるのかと申しますと、
立ってられないほどものすごーーーく眠くなるんです。
(そりゃそうだ)

そしたらもうこっちのもん!飛行機の席に着いたら即寝ましょう。
もうどこまででも。溶けるようにずっと寝ましょう。
極限まで眠いので極限まで寝れる可能性が高いです。
tanimmyはこの前行ったときは7時間連続寝ました!
(大体フライトは12時間もかかるのでこの7時間は大きい!)

そうなるともちろん食事は2回ほどパス。
7時間寝て起きてからもウトウトして到着の2時間前くらいにだされたこちらの食事が初機内食。


アメリカンエアラインの評価はそんなによくないけれど、米系の飛行機のサービスなんてどっこいどっこい。このホットケーキも普通に美味しかったです。しかもコーヒーがスタバなのでtanimmy的にはそれでもう満足。コーヒーが美味しいのが正義。

でこれを食べながらウトウトしながら1時間ほどお昼寝?したらあっという間に現地時間AM6:30にニューヨークに着きます。
十分な睡眠をしっかりとれるので、ピンピンした状態で降り立ちます。

その後手続きなどあるので(けっこう混むのがJFK)空港をでるのが7:00頃。タクシーだと30分でマンハッタンに着きますし、電車でも1時間かからないほどです。
そうしてマンハッタンの宿に荷物を預けて早速ブレックファストに行っちゃってください。初日からまる1日ニューヨークを堪能することができます。



なんでこんなしつこくおすすめしてるかというと、このフライト、こんなに時差ぼけに効果的なのに、それなのに、それなのに、安いんです!
安いって本当大事。

これは9月25日のフライトで往復3万円。9月のフライトが大体7万〜12万なのでかなり安い。4月に行ったときはなんと1万8千円でした!!!
(サーチャージが5万程かかりますが)

しかも広告っぽいですが、このスカイゲートはリアルタイムで空席確認ができて予約もできちゃうのでかなりおすすめ。4月もこれでとりました。

詳しくはこちらです↓
奇跡のフライトAA羽田AM6:55発NY行き!

しかも帰りは19時なので、帰り日も16時頃まで遊べます。
そうすると、4日休みがあればNYいけるんです!
1日目にNY着いて1日遊んで、2日目丸1日遊んで、3日目16時まで遊べます。3連休に1日平日休めばNYいけちゃいますね。

妄想ニューヨークみて「ニューヨークいってみようかな」と思っていただいた方がいらしゃいましたらとても嬉しいです〜!

0 件のコメント:

コメントを投稿