2013年6月19日水曜日

日本人建築ユニットSANNAが手がけた美術館「ニュー・ミュージアム」



あなたはこの渋谷駅の再開発のニュースを見て何が頭に浮かびますか?

「隈研吾さんとSANNAの2大コラボってすごい!」
「さ、さ、さ、3棟もできるの?」
「に、に、に、2020年にならないとできないの!?」

どれも正解です。うん。間違ってない。

でも

でも!

でも!!!

ニューヨークホリックにはぜひピンときて欲しいことがある!
SANNA!サナア!サンアじゃないよ!サナアー!

そうです!ニューヨークホリックにとって、SANNAはニューヨークにて、コンテンポラリーアートの美術館「ニューミュージアム」の建築コンペに勝利した誇るべき日本の建築家ユニットです。

「SANNA!ニューミュージアムを手がけたSANNAが渋谷駅もデザインするんだw( ▼o▼ )w
これでまたニューヨークが近くなったな〜るんるん〜:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

これが正しいニューヨークホリックの頭の中です。(正確にはtanimmyの頭の中・・・)



これがそのニューミュージアム。
正式名称はニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アートNew Museum of Contemporary Artブロックが積み重ねられたようなデザインに、一輪のバラが印象的です。そんなに主張してないように見えますが、遠くからでもはっきりと存在を認識できる強い芯を感じます。SOHO(ソーホー)地区の東のNOLITA(ノリータ)地区の東端にあるので、買い物ついでにふらっとよるのがGOOD。
ニューヨークは日本よりもアートが身近なので、このように若い人の集まるエリアに美術館が存在します。

ちなみにホイットニー美術館も何年後かに今熱いミートパッキングエリアのハイラインに移動が決まっています。


さらにニューヨークの美術館では、美術館と人々の距離を縮めるために1週間の中のどこかの時間帯の入場料が無料、もしくはドネーション(寄付)、つまりこちら側が自由に金額を設定することができるのです。

ニューミュージアムは木曜日の19時〜21時の間、無料開放されます。
4月の旅行期間中はあまり興味のあるテーマがなかったのと、正直このニューミュージアムの展示は単細胞の私にはいつも難しいので・・・汗、少し混んだとしても無料の時間でいいやーと思い、ちょうど19時頃に突撃してみました。


待っている間にチケットが配られます。チケットもおされ。
意外と混んでおらず、5分ほど待って入れました。

さっそく中に入ります。


今回の展示の中で一番いいなと思った展示。
明かりが降っているような。
空間全体がアートだったので自分の身体までアートで包まるれような広がりを感じました。


・・・・・・・

この4人おそらく家族。
読み解きとしては、みんな同等の自己がありますよ!赤ちゃんも人間だよ!的な・・・

他にも“性”を扱う若干グロい展示が多くてちょっと疲れました。
やっぱりコンテンポラリーアートは難しい!
それか生理的に受け付けないのかも・・・

ってネガティブになってごめんなさい!
ニューヨークの中でも“コンテンポラリーアート”はココが一番だと思います。ヨーロッパにもなかなかない、ニューヨークならではの美術館だと思いますので、ぜひ一度足を運んでみてください♪
良くも悪くもとがった展示が多いと思うので、一度自分の目でみてみることを強くお勧めします。
よく考えたら私自身3回目の訪問で、ちょっとよく分からないからこそ気になる存在だってコトにブログ書きながら気付きました♡


ニューミュージアムの中で一番好きなスポットは地下1階のお手洗い♡(バカ)
おしゃれ&きれい。
チケットを買わなくても入れるので、お近くでお近くなったらどうぞ!


お土産コーナーで発見。ニューヨーク中、どこにいっても日本語はクール。
カップラーメンを食べる器ってことのシュールさ・・・?

改めて、ニューヨークのど真ん中の美術館を日本人が設計していると思うと、自分も視点だけでも広げてがんばらないと!と心がぴしっとする場所です。
そう考えるとSANNAの手がける渋谷駅が物理的に近くにあることよりも、私にはやっぱりニューヨークのこの場所にニューミュージアムがあることの意味が大きく(当たり前か)、心の距離はきっとすごく近いです。


1時間ほどたった20時頃に外にでると、いい夕暮れ。ニューヨークは真夏の青空が一番好きだけど、こんな夕暮れも街の光が柔らかく空に溶けるからまたよいのです。

ニューミュージアムを背に真っすぐに進むと左手には以前記事にしたMcNally Jackson Books(マクナリー・ジャクソン・ブックス)が現れます。
ニューミュージアムの閉まる21時でもまだココは開いているので、美術館から本屋さんを巡る温かい1日の終わりを過ごしてみてください。


大きな地図で見る

0 件のコメント:

コメントを投稿