2013年6月4日火曜日

NYのパスタはココ!日本人経営のイタリアン「Basta Pasta」

「ニューヨークってパスタが美味しくない。」

数少ないニューヨークの悲しい現実のひとつ。
ザガットにでてるレストランでもパスタは

「。。。。。」

言葉を失うことが多いのでニューヨークでは極力パスタは頼まないようにしていました。
というかイタリアンにはほとんどいきませんでした。

そんな中、マンハッタン在住の日本人夫婦に連れてってもらったのが
ユニオンスクエアの左(西)に2ブロック行ったところにある「Basta Pasta(バスタ パスタ)」。
日本人の方が経営しているイタリアンです。



驚くことに、料理人の方々は寿司職人の帽子をかぶっています。
「ザ・日本のイメージ」を上手く演出しています。日本だったらあり得ない組み合わせ。
イタリアンなのに日本を全面的に押し出しているところからも、日本のイメージのよさが垣間みられます。


この日は外人さんが4割、あとの6割は日本人(アジア人)。
こんなに日本人が多い空間は初めて。
この瞬間で「ぜったい美味しい」って確信。

スタッフさんも日本人の人が多くてオーダーもスムーズ。
いつも「これなんですか?」って外人さんにきいても私の英語力では1割ほどしか聴き取れず最後は直感で選びますが(←じゃあ聞くなよ)
ここだったら日本人の方が丁寧に答えてくれるので
何がくるか分からないワクワク感はないけれど、確実に希望のものにたどり着ける安定感があります。
(SATC的にはビッグよりもエイダンをイメージしてください。)


メニュー表が、(見たかぎり)手作り。


メトロポリタンで乾杯~♡







どれも美味しい!
お料理のメニュー名はすべて忘れてしまったんですが
日本で出店してても間違いなくうける!ってくらいの美味しさ。
パスタも麺はちゃんとアルデンテだし、ソースの味付けもばっちり!

後から知ったんですが、ウニのクリームパスタが有名なようなので行かれる方はぜひそちらもご賞味いただき感想を教えてください。

もともと原宿にお店を構えていた方のお店で
今はもうないようですが、スターシェフを多数輩出するほどの実力店だったそうです。

このBasta Pasta(バスタパスタ)もニューヨークという激戦区においてすでに20年以上愛され続けているというから日本人としてとても嬉しいです。


チーズをその場で削ってくれます。

ニューヨークの街にニューヨーカーに愛される日本人のお店があることが本当に嬉しい・・・
ニューヨークという街の要素に“日本”があることが改めて誇らしいし、ニューヨークと日本の架け橋になれればと誰に頼まれた訳でもないのに妄想してしまう私でありました。
(←ヒマだよね?)


大きい窓が目印。

パスタを食べたくなった時と、ニューヨークで頑張る日本人に会いたい方はぜひBasta Pastaへ♪


大きな地図で見る

0 件のコメント:

コメントを投稿