2013年6月26日水曜日

NYブルックリンで古着!オシャレな秘蔵っ子「LAVAI MARIA(ラバイマリア)」







「LAVAI MARIA(ラバイマリア)」
今回は秘蔵っ子のごとく溺愛している古着屋さんを紹介してもよいでしょうか。


あ、いいですか?じゃあ進めますね。


初めてウィリアムズバーグを訪れたのは2013年1月と遅いウィリアムズデビューだったのですが、その時にお店の前を通って「ここかわいー」と何の気なしに扉を開いたんですよ。
そしたら本当に可愛らしくて、その時の写真はないんですが、2013年4月にいったときはもうココがウィリアムズバーグの一番の目的地になっていました。


 ベーシックな商品よりもひとひねり、ふたひねりしたものが多いです。
ニューヨーク、特にブルックリンならではのちょっとオシャー(おしゃれっぽい)服が多い。そして可愛い。

決して安い訳じゃないけどバカ高くもなくて30ドルくらいからあります。


しかもココのいいところは古着屋さんでありながら、オリジナルもつくっていて、それがまぁ手のこんでいること。

このワンピースとか下にタンクトップきて、ビーサンはいたら、ニューヨークのお散歩にぴったしです。


わーいい布つかってる。てろっとした生地でつくられたワンピース。
上品なデザインで、オシャーなのに嫌みのない心地よさのあるドレス。
パステルカラーも流行を何気におさえています。

このワンピとかは少し高くて90ドルほどだった気が。
でも十分なクオリティー。


ちょっとカントリー風のワンピース。
リュックとかかばんとか靴とかバラエティーに富んでいます。

こんなに可愛いくてお手頃なのに日本のメディアでは目にしたことがないショップ。
というストーリーもニューヨークホリックにはたまりません。



 ここにtanimmyが愛着をもつのにはまた訳があって、4月に2回目訪れたとき、私けっこう試着してたんですね。店員さんもあまり構わない感じでいやすい雰囲気でしたし。

試着終わってまだ決められなくて店内うろついてたら、英語は忘れましたが「あなたここ初めてきたの?」って聞かれたんですよ店員さんに。
「いえ、初めてじゃないわ」って答えたら、

△℃≧♪g℃p2★h△□◎d〜sb☆1hn♯⁂℃≧□★☆△℃≧□□♪g℃・・・・・・・・・〜〜△℃≧♪g℃p2」


ってまた訳わかんなくて

「ぱぱぱぱぱぱードン?」

って戸惑っていたら

「You are familiar.」

って言われたんですよ。

いろんな解釈があると思います。
「慣れてる感じがしたのよ」って言いたかったのかもしれないし
「あなたに親しみを感じたのよ」ってまさか言いたかったのかもしれないし(店員は女性)
「あなたこのお店にすごく合ってるからこのお店で働かない??」って誘ってくれたのかもしれないし
「あなたとは紀元前に会った気がするから、これからも深く交流しない?」
って心理的な結びつきを要求されたのかもしれないし!

まあいろいろありますが、familiar.って温かい言葉を
それをぽろっとアジア人できっと10代にすら見えている私に
かけてくれるっていうあったかさがすごく嬉しかったのです。




あとあと調べたらyelp(イエルプ)にレビューが載っていてほぼ5点満点!かなり高かったのです。
ブルックリンのオシャレ女子が見逃すハズありませんよね。

I love this place. The sales girl was friendly, hilarious, and helpful. 
私はココが大好きなの。スタッフの女の子はフレンドリーで陽気で気が利くのよ。


y
elpでもスタッフの女性は絶賛されています。


LOVE the unique handmade pieces!! so cute and feminine! well priced & the sales girl was super helpful & friendly. 
ここのユニークな手作りの服が大好き!とっても可愛くて女性らしいの。おまけにスタッフの女の子はとーーーっても気が利いてフレンドリーなのよ。

ここまでくるともしかしたら、スタッフが私に向けた言葉もお世辞だったかもしれないけど、とても気分がよくなってこのお店での体験が、I♡NYの心を大きくしてくれたんだから無問題!

ウィリアムズバーグはブランチの名店「egg」
フードに特化したフリーマーケット「Smorgasburg(スモーガスバーグ)」がありますので、お散歩ついでにぜひ訪ねてみてください。

ココでもあったかくておしゃれなニューヨークが待ってます。


「ブルックリン 古着」の他記事はこちら

ブルックリンの古着の王様!日本人スタッフ の「テンフィートシングル」

Millyっぽいセンスのよい古着はブルックリンの「AWOKE VINTAGE」へGO!

ブルックリン最大のフリーマーケット!「ブルックリン・フリー」  


□□□□□□□□□□□□□□□Facebookページを始めました。

妄想ニューヨーク。公式Facebookページはこちら


ブログの更新情報だけでなく、Facebookならではのリアルアイムな情報やお得なキャンペーン情報を共有していければと思っています。
ぜひいいね!してニューヨークをもっと好きになってください!
□□□□□□□□□□□□□□□



大きな地図で見る

0 件のコメント:

コメントを投稿