2013年5月29日水曜日

午後6時に訪ねたい夕暮れの隠れ家Cafe gitane


ミートパッキングとウェストビレッジのちょうど間。
ハドソン川沿い。
歩き疲れた午後6時、ニューヨークの日が沈む頃に訪ねてほしい場所があります。



 Cafe gitane(カフェ ジタン)。
ホテル「tha Jane」の中の、フロントすぐ横のカフェ。

ブラインド越しに見えるハドソン川の夕暮れがカフェ全体を包んで、ぴったりな言葉は、まどろむ。


大声でおしゃべりする人もおらず、スタッフもマイペースにお客に干渉せずに、沈みゆく陽とビルの光をぼーっと眺めているのが、スタンダードなこのカフェの使い方。
天井が高くて開放的。
オープンテラスではないけれど、このくらいの外との関わり方が、店内の空気を柔らかくしています。

「これぞニューヨーク!」っていう場所でもないから3泊5日とかの日程の人にはもったいないかもしれないけれど、5泊7日くらいの日程なら後半戦にぜひはさみたい場所。
こんな落ち着いた場所もあるんだって、ニューヨークの新たな一面を感じられると思います。


メニュー表がかわいい。


ここの料理はフレンチ・モロッカン。食事も美味しいらしいです。
・・・が、この日1日食べ続けていた私はお腹が空いておらず(旅行中のあるある)、スムージーをいただきました。
すっごい野菜感!かわいい見た目とは裏腹に甘くない、まさに飲む野菜。

ブラインド越しに夕暮れをみながら早めに今日を終える、忙しいニューヨーク旅行にはそんな1日があってもよいかもしれません。


大きな地図で見る

0 件のコメント:

コメントを投稿