2011年8月2日火曜日

キャリーとウディ・アレンの集う老舗Bar


アッパーイーストにあるザ・カーライル・ホテル。
ジョン・F・ケネディも部屋をもっていたことでも有名なこのホテルのバーはBemelmans

ここは映画SATC1でキャリーがアシスタント ルイーズとお酒を飲んだBar。
ルイーズはいい感じの彼から誘いの電話を受けてキャリーを置いていきます。
失恋中のキャリーはいろんな意味でひとりになってしまうけど、
そんなキャリーを肯定するように優しく包みこむ雰囲気がこのBarにはあります。

高級感あるのに、壁は一面お猿さんとか馬とか動物の絵がいっぱい。

そしてこのお店のいいところは、前述の大統領やマリリン・モンローなど超VIPが利用する超老舗なのに関わらず、高校生にも見えちゃうジャパニーズな小娘3人衆にも紳士に対応してくれるところ。
「SATCにここ使われたよね?サラには会った?」ミーハー丸出しの質問にも
「サラはプライベートでもくるよー」とノリノリ。

キャリーでも私でもNYを愛する人なら誰でも受け止めてくれる暖かさがありますね。
キャリーの分までありがとうございます。


さっそくプチケーキをくれましたよ!(みんなそうなのか?)ありがとうございます。
さて、もうひとつ、
ここをオススメするのは、NYを代表する俳優・監督ウディ・アレンのジャズ演奏を間近で見れること。
こんな大物がふらっと普段着でクラリネットを演奏しにくるなんてNYならではです。彼はご近所さんなのだとか。

毎週月曜日に演奏しにくるということでもちろん月曜日にいかせていただきました。
平日ということもあって、お客さんはほとんど地元の方。



ウディ、こなれてました。(右から2番目)楽しい音でした。クラリネットの音のあるジャズって本当いい!
自分の出番じゃないときは眠りに落ちるように目を閉じるウディが可愛かったです。

お酒を飲みながらジャズをきくって、
落ち着くし、大人の仲間入りできたようなこしょばい感じがたまらないし
女としてもグレードアップしたような自信がつくしで、
しかもここのジャズはあのウディが奏でてるしで大満足なのでした。

スタッフさんは本当に気さくな方が多くて
「SATC!ウディ!ファビュラス!」とうるさい小娘たちに
最後、ウディが帰るときに頼んでもないのに
「ウディが帰るのはこっちの裏口だよー」と密告をくれました。
ありがとうございます。

ということで値ははりますが(チャージだけで90ドルくらい)
NYの上流階級の日常を感じられながらも
庶民にも優しいくしてくれるBarです。
女の子同士でもいけちゃう雰囲気があるのでおすすめです。

失恋したらお世話になりたいです。


こちらにウディ他、演奏スケジュールがありますのでぜひチェックしてみてください。
http://www.thecarlyle.com/entertainment.cfm

□□□□□□□□□□□□□□□
ついに、Facebookページを始めました。
妄想ニューヨーク。公式Facebookページはこちら
ブログの更新情報だけでなく、Facebookならではのリアルアイムな情報やお得なキャンペーン情報を共有していければと思っています。
ぜひいいね!してニューヨークをもっと好きになってください!
□□□□□□□□□□□□□□□

0 件のコメント:

コメントを投稿