2011年7月16日土曜日

セントラルパーク

「本当に都会によくもまあこんな公園(もはや森)を!」
っておもうほどの広さ。
人工的につくられた公園であるのに、昔からそこにあるように木々が悠々としていて感動します。
マラソンしたり読書したりする人がたくさんいて
観光客だけでなくてニューヨーカーの日常に自然が溶け込んでいるのがよくわかります。


前は結婚式に遭遇しました。
それか撮影?
セントラルパークでのJOGも出会いの場所だときいたことがあります。
それが縁のカップルかもしれません。


水着で日光浴を楽しむ方々も見られます。
日本だと「???」となりそうですが、結構当たり前の雰囲気で戸惑う自分が恥ずかしかったです。
「太陽でてるんだから全身で浴びちゃおうよ」
とこちらの方が動物的な気がします。


ということでニューヨーカーは日常、非日常も自分らしく楽しむのが上手いです。

そんな公園は、お散歩程度に歩くのもよいですし自転車も安く借りられるのでさくっとまわっちゃうか、
あとはめんどくさければ馬に乗るって手段もありますが、ちょっと観光客っぽすぎて若干浮くかも?


キャリーはビッグに家まで送ってもらっていました。
さすがにちょっと恥ずかしい??


夜は急に危険になるので、ぜったいはいってはダメです!


0 件のコメント:

コメントを投稿